マンション経営のリスクを知る【ファイナンスの取説】

造り物

マンションが投資に

マンション

不動産投資でもマンション投資はお勧め出来ます。リスクはありますが、成功すれば長い利益に繋がります。天災などのリスクに関しては保険で対応することです。稼働率の良いマンションを購入するのが大事になります。

人気の資産運用方法です

風景

マンション経営を行う上で、東京は大変魅力のある都市といえる事は間違いありません。多くの方々が生活をしていますから、借り手が大変多いのが魅力となっています。家賃の設定はとても重要になりますので、周囲の相場などを調べてから家賃の設定を行いましょう。

共同住宅の価格はいくらか

マンション内

マンションの価格は10年から15年までは価格の下落幅も大きく、その後はその速度は緩やかとなります。物件を探す場合はエリアごとの相場を知ることが大切であり、サイトからも調べることが出来ます。又、詳しく知りたい場合には耐震基準に基づく方法やその他のことも調べる必要があります。

何らかの対策は必要です

人気の投資方法であるマンション経営のリスクを回避する方法を知っておきましょう。こちらをチェックすれば、ローリスクで資産を増やせます。

金利上昇時には注意する

図面

マンション経営にはリスクが付き物です。このリスクには幾つかが有り、空室の発生・金利上昇・老朽化・家賃の対応等が取り上げられます。特に今は超が付くほどの低金利状態です。この低金利があるのでマンション経営が出来ていると言っても過言ではありません。しかし、この金利もいずれは上昇に転じるかも知れません。現在、固定で借入をされている方は少ないと思います。金利が1%でも上昇すると数百万円の支払いが増えてしまうことがありますので、注意して置かなければなりません。また、空室が発生した場合にも、返済のお金が無い状態が続きますので赤字となってしまいますから、管理会社等はしっかりと選んで置かないと行けないようになります。

中古物件を選択する

マンション経営のリスクを減らすには、何をしなければならないでしょうか。まずは新築の物件は避けて置きましょう。借入も高額になりますから、返済もそれなりに高くなってしまいます。そのため、中古マンションでマンション経営をすることをお勧めします。中古マンションは値段もかなり安く手に入れる事ができ、ファミリー層を狙って賃貸にすると長期で住んでくれますから空室のリスクが回避できますし、家賃も毎月入ってきます。それと購入の際には、中古ですから、外壁などの修繕が一度終わってからの物件が良いでしょう。外観も綺麗になり、一度修繕すると後10年近くは有りませんし、経費となるような修繕積立金等も今後は値上げの心配も無くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 マンション経営のリスクを知る【ファイナンスの取説】 WRAPPER_CONTAINER Rights Reserved.